大会要項

走る、歩く、登る そして輝く命 「暁の海抜0mから3,003mの頂上へ」

 人間は山の頂には憧れを、海には広大な夢を、河川には源流に探究の想いを抱き続けてきました。

 文明が進化し、乗物が進歩して日常がスピード・利便性・効率性に支配された昨今、本来の人間のもつ力・感覚・感性・能力はどこか失われているように感じます。

 1,300年の昔から「立山」は、山岳信仰の聖地として全国各地から極楽浄土を求めて多くの禅定登山者が自らの足で頂上を目指してきました。

 原生に立ち返り、二本の足だけで汗をかきつつ、海抜0mから3,003mへの頂きを目指して、駆け上りましょう。
豊な自然の風、雲、雨、太陽、大地の中に溶け込み、自らの限界に挑戦することでそれぞれの「生命(いのち)の輝き」を感じ事ができるでしょう。

 令和元年夏、新しい物語がここから始まります。

第22回 立山登山マラニック

開催日

2019年8月24日(土)

スタート会場

富山県 富山市・浜黒埼キャンプ場(マラニックの部)、立山カルデラ砂防博物館(ウォークの部)

ゴール会場

日本百名山 立山主峰 雄山山頂(標高3,003m)

種目

距離

スタート時間

制限時間

高低差

募集人数

参加費

マラニックの部

約65km

4:00

11時間

3,003m

宿泊190名
日帰り60名

宿泊 28,000円※
日帰り 21,000円

ウォークの部

約27km

6:30

8時間30分

2,500m

宿泊60名
日帰り10名

宿泊 23,000円※
日帰り 16,000円

雷鳥荘宿泊コース参加費

大会後の雷鳥荘での宿泊・懇親会、無料バス(富山駅付近から浜黒崎、リタイヤ時の室堂への移動、翌日の室堂からの下山)への乗車を含む。
(※7月11日から7月24日の期間にキャンセルの連絡があった場合のみ参加費の一部を返金します。)

日帰りコース参加費

無料バス(富山駅付近から浜黒崎、リタイヤ時の室堂への移動、当日の室堂からの下山)への乗車を含む。

参加資格

  • 1.20歳以上の心身共に健康な男女
  • 2.マラニックの部:エントリーから3年以内に次の実績のいづれかがある事。
    1)フルマラソン4時間以内。
    2)100㎞以上のウルトラマラソンの完走実績。
    3)35㎞以上のトレイルランニングレースの完走実績。
    4)当大会で室堂エイドまで制限時間に到着した実績がある事。
    ※ランネットエントリー時に大会名及び記録を入力すること
  • 3.マラニックの部及びウォークの部:エントリーから3年以内にコースタイム8時間以上の山岳コースを1日で踏破した経験がある事。
  • 4.山岳地で起こりうる様々な自然環境の変化に適切に対応できること。
  • 5.スポーツマンシップ、交通安全、登山マナーを身に付けていること。
  • 6.制限時間内にゴールする体力・気力・自信のあること。
  • 7.上記参加資格等を承諾した誓約書を後日提出すること。

募集期間

2019年5月12日(日)~7月7日(日)(定員となり次第終了となります。)

主催

立山登山マラニック実行委員会

後援

富山県、富山市、立山町、富山テレビ放送、北日本新聞社、立山黒部ジオパーク協会、「立山・黒部」を誇りとし世界に発信する県民の会、立山町教育委員会、富山市教育委員会

協賛

雷鳥荘、浜黒崎キャンプ場、株式会社エムテック、株式会社イズミ、おざわ歯科医院、クラブMSR、株式会社キョーエイ、スポーツのマンゾク、OUNCE、立山サンダーバード、印刷工芸つるぎ、立山黒部貫光株式会社、北陸コカ・コーラボトリング株式会社、株式会社オクトス、太陽スポーツ、桝田酒造店、富山トヨタ自動車株式会社、株式会社スギヨ、TEAM AVANTE、日の出屋製菓産業株式会社、相互産業、Lalahoney、グリンパーク吉峰、株式会社奈良屋、CanRuler、うるぎ村

協力

富山県内のランニング・ウォーキング・登山愛好家のみなさま

情報協力

富山県立山博物館、富山県立山カルデラ砂防博物館

協力大会

世界遺産 五箇山・道宗道トレイルラン大会、南砺100㎞マラニック