コース試走時の留意点

立山登山マラニックは山岳地帯を含む特殊なコースのため、関係行政機関、沿線事業者等のみなさまのご理解とご指導の下で大会を継続しております。 大会以外で現地コースを通行される場合にも、下記のルール・モラル・マナーの遵守をお願いします。

① 交通安全について

  • 道路上で車両や周囲の妨げ・迷惑とならないよう細心の注意を払ってください。
  • 周囲の安全を確認しながら原則、歩道または路側帯を通行してください。
  • 特に追分より先の高原バス道路(急カーブ・登り坂の連続)では必ず道路左側の白線外側を一列で通行してください。走行車線や反対車線への侵入
  • 通行は危険ですのでやめて下さい。道路上でバスとすれ違う時や、雨や霧が発生して視界不良の時はバスの運転席から選手が見えにくいので、路肩に立ち止まって車両が通過してから通行してください。

② 自然保護について

  • 登山道以外への立入りを禁止します。
  • 各自のゴミが発生したら必ず持ち帰ること。その他のゴミを発見した場合も極力持ち帰るか、所定の場所へ捨てて「来たときよりも美しく」を実践してください。
  • コース上及び周辺の動植物の採取や損傷を与える行為を禁止します。
  • トイレは公衆トイレ等を利用すること。それ以外では携帯トイレを使用し、使った紙は持ち帰ってください。

③ 登山マナー・他者への配慮について

  • 登山者等とすれ違う場合は、原則登山者等を優先し迷惑や不快感を与えないよう細心の注意を払ってください。
  • 登山者等に対しては積極的な挨拶、丁寧な声掛けをし、大会への理解を高めていただきお互いに気持ちよく立山を楽しめるように心掛けてください。
  • 集団走行・並列走行(歩行)は行わないでください。 大会の円滑な運営と継続のため、みなさまのご理解ご協力をお願いします。