大会規則

  • 1.気象・地震・津波・噴火等の注意報・警報が発令されたときや、気象条件・事故・コース障害等により運営環境が悪化し十分な安全確保が見込めないと判断した場合にはスタート以前の中止、または競技中においてもコース短縮(ゴール地点変更)または中止を決定する。
  • 2.規則違反、過度の疲労、事故等の理由で競技続行に支障があると判断した選手に対しては競技の中止を命令する。
  • 3.順位の記録はとるが表彰はしない。
  • 4.主催者は大会中および大会前後の怪我、病気またはその他損害についての責任は負わない。
  • 5.一旦入金された参加費は原則返納しない。
  • 6.選手は主催者および大会関係者の発する案内、指示を厳守しなければならない。
  • 7.選手は本大会が一般道路および国立公園内の登山道等を利用して開催されることをよく理解し、主催者および大会関係者による案内・指示・注意などの有無にかかわらずマナーを守り安全を確保しながら競技を遂行する。
  • 8.選手は自己の責任において体調を維持し安全管理を怠らず競技を遂行する。選手はスポーツマンシップの精神で行動し危険行為や大会運営に支障が起こるような言動や行動は慎む。
  • 9.称名より先の山岳地帯では防寒具・雨具(上下ともゴアテックスなどのしっかり風雨に耐えられるもの)を携行する等、気象変化への対策を行う。特に室堂より先のコースへは防寒具を携行しない選手は出発できない。(室堂エイド出発時にスタッフが雨具等の携行を点検する)
  • 10.競技中、自ら棄権する選手は大会関係者にその旨を知らせ、指示に従う。
  • 11.一の越より先はストックの使用を禁止するとともに、歩行区間とし走行を禁止する。